池袋西口駅前の歯医者|池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

多数インプラント治療の注意点

インプラント治療が近年認知されて、増えてきました。

さて、

インプラント治療とは、チタンでできた人工の歯根を顎骨に

埋め込む治療です。

(ストローマンインプラント)より抜粋

人工の根が骨に埋まってるからその上に歯を作ることができるわけです。

インプラントはいったん骨に固定され、安定する訳ですが、

逆に動かすことができないので、

インプラントを埋め込む場所は重要なのです。

とくに一本だけ入れる場合は、その他の噛み合わせが安定していれば

特に噛み合わせが高い歯をいれない限りは

他の噛み合わせに与える影響は少ないですが、

多数のインプラントを入れる場合には、

とくに注意してください。

噛み合わせがおおきく変わることが有るからです。

なぜ変わるのかというと

噛み合わせの基準(どこに合わせるか)が定まりにくいからです。

下顎(下の顎)がドアのように動くならいいのですが、

下顎は前方、左右にも動くからです。ですよね??

そうなると噛む基準がどこかわからないのです。

『はい噛んで』と言われて、もしそのときの場所が理想でなければ・・・・

—————- —————– ——————

近年認知されてきたので、安売り屋のごとくインプラントをおこなう

歯科医が増えているわけですが、

これには本当に注意が必要です。

この世に安くていいものがあるとすれば、

それは【使い捨て】できるものです。

【使い捨て】です。使い捨てできない物は高品質を追求すべきです。

あなたがこの治療を最後にするぞ!と思うなら、

ぜひとも自分の口を一本単位で考えずに、

お口全体をトータルで考えてください。

一本しか見ていない治療と

トータルでみて一本治療するのは

まったく意味が違う訳です。

そして、生涯健康な口を目指していきましょう。

それが、

けっして不可能ではないことは、

現在定期的に通われるメンテナンス患者さんで証明済みです!

LEAVE A REPLY

*

Return Top