池袋西口駅前の歯医者|池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

歯科の器具使い回し 感染対策

読売新聞で一気に広まった、歯科の器具使い回しの話。

あれは本当か? 本当です。

今業界紙ではあの騒動以来滅菌の器具の広告がすごいです。

 

うちのクリニックで使っているある滅菌する器械は納期に3か月待ちだとか。。

みんながヤバい!っと思ったのですね。

業界全体がよくなるといいですね。

 

しかし、私たちは、実態はそう変わるものではないと考えています。

 

なぜなら、経営運営のしくみが違うからです。

 

以前レーシックで問題になりました。格安で目の近眼手術をするというやつです。

 

失明してしまった人も出てしまったわけです。

 

格安でする以上、量が必要です。たくさんの眼の治療が必要ということになるのです。

 

そして、どこかコストカットしないといけないのです。

 

それが一番わかりづらい感染対策ということになり、こうなるのです。

 

こういうことは思考パターンの現れです。

 

目先を優先するからこういうことになるのです。人生は80年以上ある時代です。

 

長期的に考える視点ではあればこういうことは起きないのです。

 

しかし、安売りはいつの時代も繁盛するのです。

ですが、商品とあなたの健康は違います。

 

ここを勘違いしないようにしてください。

 

とくに一般的な保険診療では報酬が、

ここ数十年物価に対してほとんど変わっていないどころか

下がってるくらいです。

そうなると、一般的な保険診療では、ますます

いかにたくさんの歯の治療をするかが、生命線です。クリニックが潰れちゃうのです。

 

これと滅菌対策は逆方向のベクトルなのです。滅菌しても保険患者さんはたくさん診察できないのです。

 

だからこういったことをしっかりと考え、話ができるところで

 

あなたも治療をうけることをおススメします。

PS エボラ熱の流行が心配ですね。致死率90%だとか。。

  1. 大学病院レベル以上の徹底した衛生管理で安心の診療を提供

LEAVE A REPLY

*

Return Top