東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【酸で歯がとける?】

暖かい季節になり外で汗をかく機会が増えると
さっぱりした飲み物が欲しくなりますね。

これから旬を迎えるかんきつ系のフルーツが
お好きな方も多いと思います。

ところが、さっぱりした飲み物やフルーツが
「歯をとかす」のをご存じですか?

原因はそれらに含まれる「酸」です。

歯の表面をおおっている「エナメル質」という部分は
酸に弱いため口の中の酸性が強くなると
歯がとけてしまう可能性があります。

酸によってとけた歯を「酸蝕歯」といいます。

歯をとかす原因になる飲食物は以下のようなものです。

・かんきつ類

・炭酸飲料

・スポーツドリンク

・酢やドレッシング

さらに飲食物以外にも
歯をとかす原因に
なるものがあります。

それは強い酸性である胃酸です。

ふだん自分の胃酸を口にすることはありませんが
嘔吐や逆流性食道炎によって胃酸が口に戻ってくることで
口の中が酸性になります。

いずれにしても歯を守るためには
口の中を酸性の状態に
しておかないことが一番です。

上記のようなものを飲食した場合は
なるべく早く口をゆすぐなどして
洗い流しましょう。

さらに寝ている間は唾液の分泌が少なくなるので
寝る前に酸性のものを口にするのは控えましょう。

酸蝕歯に有効なフッ素が配合された
歯磨き粉を使うのもおすすめです。

知らないうちに大事な歯がとけてしまわないよう
気をつけましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top