東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

【冷たいものが歯にしみる原因】

春から夏にかけてだんだん気温が高くなると
冷たいものが欲しくなりますよね。   


でも、冷たい物を飲んだり
アイスクリームやかき氷を食べたりしたとき
キーンと歯にしみたことはありませんか?  
 

この症状を「知覚過敏」と
言います。  
 

知覚過敏の原因には 

・虫歯や歯周病 

・強いブラッシング 

・歯ぎしり 

などがあります。  


ゴシゴシ力を入れて
ブラッシングをしたり歯ぎしりで
歯をこすり合わせたりすることで
エナメル質という部分が
削れてしまいます。 


エナメル質とは
歯の一番外側の表面を
覆う部分のことです。


この歯の外側の表面が
傷つくことで痛みの刺激を
受けやすくなってしまうのです。
  

エナメル質を守るためには 

・強くブラッシングをしない 

・夜寝るときにマウスピースで
歯を守る 

など、日頃のケアが大事です。  
 

また、知覚過敏用の歯磨き粉も
市販されていますので
試してみてください。  
 

これからの暑い季節に
冷たいものを楽しめるよう 

知覚過敏で困っていたら
今のうちに歯医者で
相談してみてください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top