東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【歯が大事なのは人間だけじゃない】 

生きていくために
ものを食べて栄養をつけるのは
当然のことですが 
それは人間にだけでは
ありません。


人間以外の動物もまた
生きるために
食べることが必要で
そのために歯が大事なのです。


例えば
ライオンなどの肉食動物は
えものの肉や骨を噛み砕くために
鋭くとがった歯をしています。


ウシなどの草食動物は
草をすりつぶして食べるため
平らな歯をしています。


豆などをすりつぶす「ひきうす」
に似ていますね。


草食動物のなかでも
ウサギの歯は
「常生歯」といって
一生伸び続けます。


食べてすり減ることによって
一定の長さを保っているのです。


ですから
何も食べないとどんどん伸びて
大変なことになって
しまうそうです。


そして
人間のような雑食の動物は
とがった歯と平らな歯の両方を
持っています。


サルやクマも同じで
鋭い犬歯を持っていますが
奥歯は平らになっています。


このように歯はそれぞれの
生活にあった形をしています。


動物によっては


「歯がなくなって食べられない
=死」


と言えます。


人間にとっても
動物にとっても歯は
生きていくのに何より
大切なものなのです。


ちなみに、サメは
抜けてもどんどん新しい歯が
生えてきます。


でも、人間は永久歯を失うと
二度と生えてきません。


もちろん、人間の場合
歯がないせいで死んでしまう
ということはありませんが
うまく噛めなくなることで
生活に問題がおこる場合も
あります。


入れ歯やインプラントなどの
対処法はありますが
何より自分の歯を守ることが
大事です。


歯のケアについて
悩んでいたら、いつでも
歯医者に相談してくださいね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top