東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【洗口液の特徴と使い方】

前回
「液体歯みがき」を
ご紹介しました。


今回は
「洗口液」について
解説します。


ドラッグストアでも
同じ売り場に並べてあり
見た目もよく似ているので
まちがえやすいかもしれません。


しかし
洗口液と液体歯みがきは
使い方や特徴がちがいます。


「液体歯みがき」は
口にふくんだあと
ブラッシングをします。


「洗口液」は
口をゆすぐだけです。


20~30秒くらいクチュクチュと
口の中をゆすいで
液をすみずみまで
行きわたらせてください。


はき出したあと
うがいをする必要はありません。
成分が口の中に残って
虫歯を防ぐ効果が続くからです。


洗口液の味や香りが気になる方は
軽く水でうがいをしても大丈夫です。


しかし、水で洗い流さない方が
効果が高くなります。


水がないときや
歯みがきをする時間のないときに
さっと口の中をさっぱり
させるのに便利です。


GW中のレジャーや
災害時にも
使えそうですね♪


余談ですが、先日テレビで
宇宙飛行士の山崎直子さんが
話していました。


宇宙船の中には
洗面台がないので
歯みがきをしたら
はき出すことができず
そのまま飲み込んでしまうとか。


気にならないか聞いたところ
「慣れたら大丈夫♪」と
おっしゃっていました。


宇宙飛行士が
液体歯みがきや洗口液を
使っているのかはわかりませんが
臨機応変なのはさすがですね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top