東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【女性ホルモンと歯周病の関係】


歯周病の原因といえば
お口の中の状態や生活習慣
を思い浮かべる方が
多いと思います。


もちろんそれも影響しますが
女性に関しては
女性ホルモンが関係している
のをご存じですか?


そのため
一般的に男性より女性の方が
歯周病になりやすいと
言われています。


口の中の細菌には
女性ホルモンの分泌量が増えると
敏感に反応するものがあり
歯周病になるリスクが
高まるためです。


女性は年齢や
ライフイベントによって
大きく分けると3つの時期に
女性ホルモンが変化します。


まずは思春期。
女性ホルモンが作られ始め
生理の時期には
女性ホルモンが増加します。


次に、妊娠期。
妊娠中には
女性ホルモンが急増するため
歯周病にかかりやすくなります。


また、つわりによって
口の中のケアが十分できない
ことなどから
歯周病のリスクの高い状態が
続くことがあります。


虫歯や歯周病は
赤ちゃんの健康に影響を
およぼすこともあるため
歯科検診を受けるなど
普段以上に気をつけた方が良いです。


最後は更年期です。
女性ホルモンの減少から
バランスがくずれ
抵抗力も落ちるため
歯周病になりやすい時期です。


また唾液が少なくなることで
口の中が乾き
細菌が増えやすくなることも
原因の1つです。


女性であるがゆえに
歯周病や虫歯に
かかりやすいなんて
なんだか理不尽……


とも思えますが
この3つの時期には
とくにしっかりケアして
菌を撃退しましょう!


わからないことがあれば
いつでも歯医者に相談して
くださいね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top