東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【歯間ブラシの使い方】


昨日のデンタルフロスにつづいて
今日は歯間ブラシの
使い方をご紹介しますね。


歯間ブラシはその名のとおり
小さなブラシ状になっていて


歯と歯ぐきとのさかいなど
部分的な隙間の
汚れを落とすのに便利です。


L型とI型という形の違いがあり
ブラシの太さもさまざまです。


無理なくさし込んで動かせる
隙間に合うサイズを
選びましょう。


汚れを落としたい隙間に
ゆっくり歯間ブラシを
さし込みます。


少しななめに差し込むと
歯ぐきを傷つけにくいです。
そのあと数回
前後に動かしてください。


I型は場所によって
使いやすいように
毛先を折り曲げても
かまいません。


場所によってL型とI型の
使いやすいほうを選びましょう。


あまり力を入れて
ゴシゴシすると
歯ぐきを傷つけてしまう
可能性があるので
気をつけましょう。


使い始めなど
歯ぐきに炎症があると
出血することがあります。


続けていると徐々に改善し
出血もおさまりますが
出血が続く場合は
いったん使用をやめて
歯医者で相談してください。


使ったあとは洗って
よく乾かしましょう。


使い捨てタイプでなければ
数回使えますが
ワイヤーが曲がったり
毛が広がってきたら
交換してくださいね。


デンタルフロスや歯間ブラシなど
オーラルケア用品の使い方も
歯医者で教えてもらえます。


わからないことがあれば
いつでも聞いてくださいね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top