東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【自分の歯の本数知っていますか?】

みなさんは自分に何本の歯が
あるか知っていますか?


いざ聞かれると
答えられない人が多いのでは?


当たり前ですが私たちは
産まれたときには歯が1本も
ありません。


個人差はありますが
6か月くらいになると
下の前歯がはえてきます。


この子供のころに
はえる歯を「乳歯」といい


3歳ごろまでに
すべてはえそろいます。


乳歯は


前歯が上下6本ずつ


奥歯が上下4本ずつ


の合計20本です。


その後5~6歳ごろから
6~7年ほどかけて
乳歯が抜けて「永久歯」に
はえかわります。


子供のころ、いつの間にか
歯がぐらぐらしてきたのを
覚えていませんか?


そういえば昔から


下の歯が抜けたら屋根に
上の歯は床下に投げると
きちんと永久歯がはえてくる


というおまじないがありますよね。
みなさんのお宅ではどうでしたか?


乳歯が抜けると永久歯が
はえてきますが
はえかわる時期には
個人差があります。


永久歯の内訳は
犬歯を入れた前歯が6本
奥歯が8本
これが上下にあるので
合計28本です。


ただし、「親知らず」と呼ばれる
一番奥の歯の上下4本は
はえる人とはえない人がいて
すべてはえた場合は
合計32本になります。


歯を失うことがなければ
ほとんどの人は28~32本の歯を
もっているわけです。


それが、年齢を重ねたり
事故やケガ、歯周病などが
原因で少しずつ
減っていってしまうのです。


あらためて知ると
「せっかく持って生まれた歯を
減らしてはもったいない」
という気持ちになりませんか?


明日は歯の種類と
それぞれの役割について
お話ししますね♪

LEAVE A REPLY

*

Return Top