東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【矯正の方法-ワイヤー矯正】


二日間にわたって
大人の矯正の
メリット・デメリットを
お伝えしました。


今日からは
矯正の具体的な方法を
ご紹介します。


まずは一番
オーソドックスと言える
「ブラケット」を使った
ワイヤー矯正です。


ブラケットと呼ばれる
金属の装置にワイヤーを通して
少しずつ歯を動かしていく
治療方法で多くの患者さんが
この方法で治療を行っています。


歯に装置を直接取り付けるため
確実性が高いです。


以前は歯の前面にギラギラした
装置やワイヤーが目立つため
見た目に抵抗のある人が
多い方法でしたが


最近では金属以外に
透明なプラスチックや
セラミック製のブラケット
や白いワイヤーが
使われるようになりました。


目立ちにくくなり
見た目もかなり
よくなっています。


ほかに食べ物が挟まりやすく
虫歯や歯周病になりやすいという
デメリットもあります。


またワイヤーを使った
最新の治療システムとして
「デーモン矯正」というものが
あります。


名前から悪魔のような
こわい治療なのでは・・・?


と思われるかもしれませんが
安心してください。


アメリカのDr.デーモン
という先生が開発した
治療法なのです。


名前とは逆に
痛みが少なく治療法が短い
ベターな矯正治療です。


メリットには


・歯に強い力がかからず
負担が少ない


・ワイヤーの着脱が可能なので
治療時間を短縮できる


・治療期間が短くなり
通院回数が減る


などがあります。


次回は
マウスピースを使った
矯正方法をご紹介します。


LEAVE A REPLY

*

Return Top