東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【八重歯を治すには?】 


日本ではある意味
チャームポイントと
とらえられる八重歯。


皆さんは八重歯がありますか?


あるという方は
気に入っていますか?


逆に 
気に入らないという方も
いらっしゃいます。


もし気に入らない八重歯が
生えていたら、あなたは矯正治療を
考えたことがありますか?


そもそも八重歯とは
どういう歯なのでしょう?


八重歯とは
上の2本の犬歯で


一般に「乱ぐい歯」
「叢生(そうせい)歯」
と呼ばれる不正歯列をいいます。


主な原因として
あごが小さいことがあります。


ほかの歯と並ぶスペースがなくなり
そとがわに飛び出てしまうのです。


また、犬歯はほかの歯とくらべて
生えるのが遅いため
生えるころにはスペースが
なくなっているのです。


八重歯の立場になると
「場所がなくてしかたないから
ちょっと違うけど
この辺に生えとくか…」


といったところでしょうか。


八重歯があるからといって
すぐにトラブルになるわけ
ではありません。


問題がなく
むしろチャームポイントだと
思っている人は残しても
良いかもしれません。 


ただし、なかには


・歯の隙間に食べ物が詰まりやすく
虫歯になりやすい


・外側に向きすぎていると
ぶつけるなどしたときに
口の中をケガしやすい


・口が閉じにくいと口の中が
乾燥して虫歯や歯周病
口臭のリスクが高くなる


などのトラブルを招く
ケースもあります。


八重歯を治したい場合は
「歯列矯正」か「歯を抜く」
などの選択肢があります。


歯列矯正には
費用と時間がかかりますし
健康な歯を抜くのも
もったいない気がしますよね。


治したいという方は
今の状態からメリットと
デメリットを含めて
考える必要があります。


まずは歯医者で
相談してみてください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top