東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【歯周病にはホルモンが関係してる?】

歯周病は

現代人の多くが
かかっている
病気です

末期になるまで
自覚症状がないため
中々気づきづらい
ものになってます

歯周病は
一般的に女性の方が
かかりやすいと
言われています

これは
歯周病が

「女性ホルモン」

と深い関りを
持っているためです

女性ホルモンが
増えると
歯肉の中の
血流量が増えます

これによって
歯茎が出血しやすく
なります

出血した歯茎から
細菌が入り
炎症を起こして
しまうのです

出産の前後に
歯周病を発症する
ことも多いです

赤ちゃんに栄養を
もっていかれたと
勘違いされがちですが
実際はホルモンが原因です

歯周病は放置すると
他の病気の原因と
なります

定期的に検診を受けて
見つかったらすぐに
治療するように
しましょう

LEAVE A REPLY

*

Return Top