東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【抗生物質が歯を茶色くさせる】

病気の治療などで

服用する

「抗生物質」

が歯を茶色くする
原因になることも
あります

抗生物質の中でも

「テトラサイクリン系」

の抗生物質は
歯の材料となる
カルシウムに結びつく
ことがあります

永久歯が形成される
8歳くらいまでは
抗生物質の影響を
受けやすいです

妊婦や授乳期の母親が
抗生物質を服用した場合も
こどもの歯に影響がでる
ことがあります

ただ
病気の治療で医師が
使用をすすめる場合は
やむを得ません

その際は
医師の判断を優先しましょう

もちろん
副作用のリスクは
医師と共有を
するべきです

着色の副作用を
最小限にする努力は
行うべきです

LEAVE A REPLY

*

Return Top