池袋駅前の歯医者|池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

タバコが与える歯への悪影響

タバコが与える歯への悪影響

タバコはよく
”百害あって一利なし”
と言われますが

実は
タバコを吸うことによって
歯にも大きな害を
及ぼすことを
皆さんご存知でしょうか?

まず第一に
タバコを吸っている人は
”虫歯になりやすくなります”。

なんと
タバコを吸わない人と
比べて約3倍の確率で
虫歯になってしまうのです。

大きな原因としては
唾液の量が
減ってしまうことです。

タバコを吸うと
唾液の量が減り
口内の洗浄作用が
弱まります。

また初期虫歯の
修復をしてくれる
再石灰化作用も
なくなるので

虫歯になりやすくなって
しまうのです。

そして
タバコを吸う人は
”歯周病も悪化させます”。

タバコに含まれる
”ニコチン”の
血管を収縮する働きは

歯茎への
血液を滞らせます。

それにより
歯茎の栄養や白血球が
減少してしまい

結果
歯周病になりやすくなったり
悪化を促してしまうのです。

他にもタバコは
口腔がんや
咽頭がんの原因にも
なります。

お口の健康だけでなく
身体の健康の為にも
喫煙者の方は
禁煙に取り組みましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top