東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【虫歯の痛みで眠れない・・・痛みを早急に和らげる方法】

病院に行く暇もない忙しい平日や
睡眠前などに
急に「虫歯」の痛みに襲われて眠れない・・・

そんな苦しい痛みをご自身で和らげる
応急処置をご紹介します。

*あくまで、応急処置なので
長期的な治療ではありません。

応急処置として
薬局に駆け込み、
・ロキソニン
・正露丸

はよく使われます。

しかし、手元に薬がない場合
自分で痛みを緩和させる方法を
知っておきましょう。

応急処置として
・痛みのある部分を氷で冷やす

・「合谷(ごうこく)」のツボを刺激する

→手の甲側の親指と人差し指にあるツボです。このツボを押し続けてみてください。押した時の痛みが消えるまで揉んであげることが効果的です。

・「歯痛点(しつうてん)」のツボを刺激する

→手の平側の中指と薬指の間を強めに
押してあげてください。虫歯の痛みを緩和させることができます。

など3つの方法があります。

また、痛みの緩和をするだけではなく
虫歯の痛みのあるときのNG行動を
避けることも大事です。

NG行動①
虫歯を触らない1

痛いからといって舌や指で
触れることはやめてください!

安静にして、
余計な菌を入れないようにしましょう。

NG行動②
熱いお風呂は痛みを増す!

血流が良くなるので、
歯の血液の流れも良くなり、
逆に神経を圧迫して
痛みにつながります。

ぬるま湯か
シャワーにしておきましょう。

NG行動③
アルコールは厳禁!

お酒の影響で、一時的に
中枢神経が麻痺し、
痛みを忘れることはできますが

なくなるわけでは
ありません。

むしろ、
血液の流れが良くなり、
飲酒後に痛みが増してきます。

「お酒で忘れる」
なんて荒療治は
絶対にやめてくださいね。

今日は、虫歯が痛む時に
応急処置を紹介しました。

やはり、1番は早急に
歯医者に行くことですが
そうはいかない方も多いですよね。

忙しい平日や
夜で歯医者があいていない
という場合の

セルフ応急処理は覚えておきましょう。

今なら期間限定で
『 90%の人が知らない
噛み合わせの改善方法 』
初診無料カウンセリング中

お口のことで気になることや
悩んでいることを気軽に
相談ください。

LEAVE A REPLY

*

Return Top