東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

【歯が茶色くなる原因と対処法】

笑顔からのぞく「真っ白な歯」

には誰もが憧れますよね。

実際は、変色することが多く

真っ白な歯には
なかなかお目にかかれません。

では、なぜ茶色く変色して

しまうのでしょうか?

歯が変色する
もっとも多い原因は
食べ物による着色です。

この歯の着色汚れを
「ステイン」といいます。

ステインの原因になるのは
次のようなものです。

・コーヒー
・赤ワイン
・タバコ
・チョコレート

コーヒーや赤ワインは含まれている

ポリフェノールが原因となります。

タバコはいわゆる「ヤニ」と
呼ばれる汚れがつきます。

では、どうすれば茶色くなった歯を
白い歯に戻せると思いますか?

セルフケアとしては

「ステインを除去する歯磨き粉」

を使う方法があります。

ただし、すぐに効果が出ないので
早く白くしたい人は
歯医者でのクリーニング
をおすすめします。

歯が茶色くなるのを防ぐには
日頃からきちんと歯を磨くだけでなく
定期的に歯医者で着色を取り除くことが有効です。

まずは歯医者に相談して着色の原因を

特定したうえで対処法を検討しましょう。

肌や髪のお手入れと同様に歯のクリーニングも
気軽に受けてみてください。

白い歯ののぞく魅力的な笑顔を
手に入れましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top