東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

顎関節症・かみ合わせ治療

類似サイトにご注意ください!!

お口全体のかみ合わせは、一本の歯からでも狂います

fleximg噛み合わせの狂いはむやみに治療しないで、まずは、原因をしっかりと知ること、検査から始めましょう。それが、実は健康への一番の近道なのです。


よくある症状

よくある諸症状

  • こめかみあたりが痛いときがある。押すと痛む。
  • 片頭痛〔偏頭痛〕がある。(とくに医科などで診査を受けたが原因不明の方)
  • 顎の関節近くの筋肉が咬んだときに痛いことがある。バリッと音もすることがある。(音がするのは100%悪いことではない)
  • 頭の筋肉が痛いことがある。〈とくに側頭部付近〉
  • 大きい口が開けない。(縦に指3本未満)
  • 顎の動きがぎこちない。
  • 食事のあとに顎が疲れる。〈何度もよく咬むと疲れる〉
  • 朝起きたとき口が開かないときがある。
  • 肩や首筋がパンパンにはっているが原因不明
  • 気づくと歯を食いしばっている。
  • 前歯の先が磨り減ってしまってる。

上記の方はチェックをおすすめします。

咬み合わせ と 顎関節症

fleximg

あなたの知りたいものは 咬み合わせですか? 顎関節症ですか?
実はこの二つは切っても切り離せないものなのです。私たちのホームページまでたどりついたあなたはさぞかしお悩みになられたのではないでしょうか?でも、ご安心ください。この後、解決することができるでしょう。
まず、先にお伝えすべきことは、私たちはすべての人に咬み合わせの治療が必要だとは言いませんが、多くの人が予防的な治療も含めて必要であると考えています。
まず、なぜこんなにも悩める人が多いのに正しい解決法が周知徹底されないのか本当に疑問なのですが、やはり歯科医師は歯を診るのが仕事と思っていることが大きいと思います。そして、顎関節症や噛み合わせの不具合には緊急性がないことが多いからです。
さらには、肉眼では確認しづらいところです。
噛み合わせや、顎関節に不安をお持ちのかたはもちろんですが、他には
  • 自分では気づいてないが歯にとってのリスクを少なくし歯を長持ちさせたい方、つまり予防したい人、
  • しっかりと治療をするからにはお口全体のバランス考えて治療を受けたい人、
  • さらにもっと健康になりたい人、審美を大切にしたい人、などが必要とするでしょう。
なぜ予防歯科に通じるのかと言いますと、歯は細菌と不要な力によって侵され破壊され失っていきます。この不要な力をコントロールすることが歯を救う上で大切なことなのです。
顎関節症はまだまだ不治の病、精神的なもの謎のものと扱われることも多いようですが、原因をしっかりとみつけて解決してあげればかなりの確立で治すことはできるものです。顎関節症の原因の多くは咬み合わせの不具合によるものですからそれをうまく調整することが基本的な治療となります。
正しい噛み合わせとは専門用語で中心位と呼ばれるものです。この中心位がすべての治療の基本の噛み合わせとなるわけです。
噛み合わせや顎関節症でお困りの方は、かみしめ、くいしばりなどの習癖(くせ)があることが多いのですが、まず意識してこれをなくすことが先決です。不要な力が歯にかかりそこから顎に伝わるのです。かみ合わせに不具合があれば顎関節症だけでなく、アゴ周囲、首周辺の筋肉疲労や、歯の磨り減り、ゆれかんだときに痛むなどの影響がでます。そして、これらの治療だけは安易に受けないでください。正しい知識をお持ちください。(下の動画、下図参照)

通常大学ではあまり教育されず、歯科医師ならだれでも出来る治療ではないのです。(看板に出ていても。)
日本の学会自体が顎関節症と噛み合わせの関係にアメリカとはかけ離れた見解をしていることも事実なのです。(驚くべき事実です。)勘に頼る治療ではよくありません。おすすめできません。
見た目で顎がずれてるから一方向に押して治しましょうとか、歯が低いから高くしましょうとか(実は低く見えてるだけなんですが)、Oリング治療とかよくある治療のようですが、果たして結果はどうなのでしょうか?当医院にご相談にいらっしゃるかたのお口をのぞいて見ると、わたしは疑問に思います。

意味の無いかみ合わせ治療とは

多くの歯科医院が、顎関節症やかみ合わせ治療に取り組みますが、残念ながらしっかりと計画的に治療をする歯科クリニックはほとんどありません。以前の私どももそうでした。なぜなら日本の歯科治療のシステムは一本単位の治療になっているから、全体的に診るという観点がないからです。日本の歯科医院は一本ずつ治療をし少々の噛み合わせは無視してしまいがちではないでしょうか。事実、歯を入れた時、作った時に初めはちょっと高く感じたけど慣れたというひともたくさんいるのです。これはあなたの噛み合わせをずらしてしまう大きな間違いです。
またせっかくマウスピース、スプリント装置を作っていても、正しい調整が行われていないことがほとんどです。スプリント、マウスピースを作ればいいというものではありません。スプリント装置は顎関節を顎関節窩に中心にしてフィットさせた調整が必要ですし、その後筋の緊張が取れたときに噛み合わせ調整を行っていきますが、同様に顎関節にフィットさせて歯牙の噛み合わせを調整する必要があります。

ただしこれは、アメリカでは歯科大学でしっかり習うのですが、日本では残念ながら専門のトレーニングを受けないとできない治療、かなり難しい治療です。ですからそう言う難易度を知ってる先生はあえて取り組みません。これはまだいいのですが、闇雲にされた時に返ってずれてしまうのでここがやはり注意ポイントでしょう。歯科医院では、よく「はい咬んで」といって患者さんに自由に咬んでもらって調整なりをしますが、このときもしあなたが変な位置で、ずれた位置で噛んでいたら、それがあなたの噛み合わせ基準になってしまいます。

スプリント(マウスピース)

スプリント装置は上顎に装着するタイプのもの、下顎に装着するタイプのものがあります。ホワイトニングに使用するソフトな素材は厳密にいうと顎の安定には適しません。また、噛む面、反対の噛み合わせの歯がぶつかる面は平坦なものが理想です。そこをうまく調整するのがポイントなのです。顎関節を中心にフィットさせた調整が必要ですが、よくある間違いの治療は「はい咬んで」といってあなたに自由に咬んでもらって調整する方法です。なんどもいいますが、このときもしあなたが変な位置で噛んでいたら、それを基準に治療調整してしまうのです。この写真のように調整時には本来、歯科医師があなたの顎を正しい位置、中心位に誘導する必要があります。

理想的なポジションでのスプリント装置調整

この写真のように、本来調整時には歯科医師があなたの顎を正しい位置に誘導する必要があります。『はい噛んで』ではありません。その位置はあなたがいつも噛んでいる基準の位置だからです。
また柔らかい素材で作ってしまった場合は一時的な処置にはなりますが、長期的な治癒をめざすものではありません。義歯のようなハードな素材で作製するのが理想です。

そして、被せる歯はすべて、銀歯/セラミック/インプラント/義歯など、この考えで治療を行わねばズレた噛み合わせを作ってしまうことになってしまいます。

正しい位置の噛み合わせは

この顎関節を正しい位置に誘導しての調整法は日本の歯科大学の教科書では、片隅にちらっと載っているだけでだれもまともに知りようがありません。しかし、アメリカでは多くの歯科医が実践している方法です。そして、この正しい位置で調整されれば、顎や歯牙への力がコントロールされ、歯や顎への負担も減り、そこから出ていた痛みやしみることも軽減されるのです。
うまくコントロールされた噛み合わせは、それはもう別世界の気分のよい咬みこごちなのです。こればっかりは色々とはじめにイメージできないか考えましたが、やはり実体験しかないのです。噛んだ時にカチカチとキレイな音がします。

 

整体院では治らない

現在、某大学病院で治療を受けた方、大学病院内でたらいまわしにされた方、〇〇プレートを作っても解決しなかった方、鍼、整体療法されてる方など顎関節症や噛み合わせの不具合で非常に多く相談を受けております。
流行り物には本当にご注意ください。しばらく経てばわかるのですが、流行りものはすぐに消えて無くなります。歴史ある治療をオススメします。そして一番ダメなのが、一瞬にして治ることを期待することです。痛みは取れても、周りの組織が治るには時間がかかります。

最近、整体院などでも顎関節症などの治療をうたうところもあるようですが、噛み合わせは触れることはできないので、治るわけがありません。あくまで一過性の対症療法とご認識ください。

噛み合わせ治療がなぜ日本で敬遠されるのか?

日本は残念ながら歯を一本ずつ診る治療スタイルです。お口全体をみるという視点は無いのです。でも逆に、わからないのに手をつけられるよりはいいとお考えになった方がいいと思います。
当医院にいらっしゃる患者さんにお話をきくと、顎関節症というとあまり歯科医院でいい顔をされないといいます。
これはなぜか?いまだ原因不明とか精神的なものだ・・・と日本では扱われてしまうようです。(精神的ストレスによるかみしめ、くいしばりは影響します。)あなたの理解と協力が顎関節症や噛み合わせの不具合は充分に治すことは可能なのです。


fleximg

不治の病ではない

顎関節症はまだまだ不治の病、精神的なもの謎のものと扱われることも多いようですが、原因をしっかりとみつけて解決してあげればかなりの確立で治すことはできるものです。顎関節症の原因の多くは咬み合わせの不具合によるものです。
正しい噛み合わせとは専門用語で中心位と呼ばれるものです。この中心位がすべての治療の基本の噛み合わせとなるわけです。噛み合わせや顎関節症でお困りの方は、かみしめ、くいしばりなどの習癖(くせ)があることが多いのですが、まず意識してこれをなくすことが先決です。不要な力が歯にかかりそこから顎に伝わるのです。かみ合わせに不具合があれば顎関節症だけでなく、アゴ周囲、首周辺の筋肉疲労や、歯の磨り減り、ゆれ、かんだときに痛むなどの影響がでます。そして、これらの治療だけは安易に受けないでください。正しい知識をお持ちください。(下図参照)

かみあわせのずれとは?

fleximg

よくあるずれをご説明いたします。
これは口を横から見た図です。あごがイメージできますか?
緑の部分は上の歯と下の歯がぶつかっているところです。いわゆる歯と歯との咬み合わせ部分です。
黄色の部分はあごの関節をあらわします。(あなたの耳の穴の少し前あたりです。)
もう一度緑の部分を見てください。この場合は上の歯と下の歯のかみ合わせがあっていませんね。
fleximg

上の状態では咬めないのでもっと接触するようにグッと咬みます。 すると、上の歯と下の歯がずれてぴったりと咬みます。
しかし関節のずれに注目!!顎関節のピンクのラインが左に(前に)ずれていますね。咬むためには顎を前にずらさねばならないのです。この顎の動きは筋肉の中のことなので、私たちには見ることができず、まったく気づかないわけです。
顎をささえている3本のバネは筋肉と思ってください。
この筋肉は 常に前方に引っ張られます。つまりかみ合わせに使われる筋肉は必要時だけでなく、常に引っ張られているので筋肉の緊張(はり)となります。このようなずれを放置しておくと顎関節の動きは正しい動きをせず、顎関節症になったりするわけです。(この写真ではあくまで2次元で表現していますが、実際には左右のズレもあり3次元で考えます。)
fleximg

これは正常な図です。咬み合わせも上手にあってます。関節も正常な位置に入っています。(ピンクの線があっている)
治療はこれを目標にすすめられます。 両方が正しい位置にある。〈歯や顎関節、筋肉にはストレスがかからない状態なのです)
※デンタルドック時にはコンピュータなどを使用して、さらにわかりやすくご説明いたします。
※当医院では保険外診療にて行っております。


fleximg
さまざまな研修会に出席し一番結果が出やすく確実な治療法を取り入れています。

審美治療、インプラント治療こそ気をつけて

fleximg

前歯の歯並びを気にして、歯列矯正をしたり、セラミッククラウンにしたりする方がふえています。こんな時こそ気をつけていただきたいのが噛み合わせです。アメリカの咬合歯科権威DrDawsonは【前歯こそが咬合の母】と言いました。それもそのはず人間の顎は下顎しか動きません。その動きをコントロールするのが前歯なのです。

まった誘導しない

 


 

顎関節症・咬みあわせ治療のながれ

わたしどもの医院では、簡単に言えば顎の関節と歯がストレスなく調和した状態にすることを目標としておこないます。
世の中にはいろいろな治療法が出回っておりますが、、よほどのことがないかぎりいきなり歯を削る治療は緊急時以外避けましょう。
以下のようにひとつひとつ治療をせねばなりません。


fleximg
  1. まず、デンタルドック(検査)をおこないます。その中であなたの今までの症状や変化などをお聴きします。検査には咬みあわせのズレ、一本一本の歯の形態、顎関節、筋肉の分析が含まれます。〔デンタルドック〕
  2. スプリントという装置を装着し顎の筋肉をリラックスさせます。※下記
  3. 顎の動きがスムーズになったり諸症状が改善されます。かみあわせが悪影響を及ぼしていたと証明されます。)
  4. 顎の適正な運動の障害となる歯の調整や適切な歯の作製をします。
    (歯列矯正が必要な方もいらっしゃいます。)
  5. 微調整
  6. 定期的なチェックで再発防止をします。

 

急に口が開かなくなったときの治療法は?(開口障害)

    1. あまりにもあかないような場合には、筋の緊張をやわらげるお薬を処方いたします。
    2. ある程度あけば小さな装置を作製し3~5日ほど使っていただきます。
    3. さらに開くようになったら上記のかみ合わせの治療に移行します。

(歯科ドックは初診時ににおこないます。)

いただいた感想。(あくまで個人の感想であり治療結果を保証するものではありません。)
先日は長い間の診療ありがとうございました。おかげさまで今では咬むことが楽しく毎日を過ごしています。はじめにデンタルドックを受けてから自分の歯を知り治す必要があることをしりました。今では長年の肩のはりがなくなり上の歯と下の歯がうまくぶつかる心地よい感触を楽しんでます。こちらを紹介していただいたからです。先生、ありがとうございました。
一本の金歯をはずしたら長年のはりがとれ楽になりました。これが原因だったとは。
わたしはデンタルドックを受診したときに口があまり大きく開きませんでした。これは人それぞれの関節の動きだがらしょうがないと思っていましたが、一連のスプリントを利用したかみ合わせの治療で4ミリ大きく開くようになりました。これにはびっくりしました。筋肉のこりが治ったのですね。
この間の治療で歯と歯のかみあわせを調整していただきました。あれ以来右側にもあごが動くのですがこれは調整のおかげですね。すっきりしましたありがとうございます。
かみあわせは本来歯を守るためにいろいろと機能していると教えていただきました。歯が理想的な場所にあると歯には負担がかからない。がしかし、理想的でない場所の場合は、負担がかかり歯の周りの骨が減ってしまうとは驚きました。
インプラントをしていただいて、下の入れ歯が安定し咬み合わせを調節してもらったら肩こりがなくなりました。咬みあわせが関係してるんですね。今はなんでも食べれますよ。
某病院でかみ合わせの調節をしたはずでしたが、どうも不快感がありこちらを受診させていただきました。以前の病院で作製したスプリントなのに調節していただいたら目の前が晴れたように楽になりました。こんなに違うものかと感動しました。今後もよろしくお願いします。
以前は食べることに少し躊躇しましたが、今では気にせず何でも食べれるようになりました。幸せです。ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。《年賀状から抜粋》
偏頭痛があり、脳の検査までしましたが全身がいたって健康という結果でした。なぜなのかわからずにいろいろとネットなど調べてみると咬みあわせかも!?と思いこちらの検査を受けました。その後の咬み合わせの治療でほんとに治ったんです。ほんとに原因がはっきりわかってよかったです。ありがとうございました。今後も引き続きよろしくお願いします。
ここまで読んだあなたは本気ですね。お役に立ちましたでしょうか?でもここまで読んでくれてありがとう。作りがいがあります。そして頑張ろう!大丈夫!あなたは必ず健康になります。私がいろいろと学び得た知識を一瞬にして自分のものにしたんですから。ひょっとしたら歯科医師よりも知識があるかも・・・

>>ご利用前にここをご一読ください【当院の診療方針】

診察のご予約はこちらから
fleximg
fleximg
※携帯電話のメール受信制限設定を行われている方へ【重要】

▪▪初回面談相談(無料)のお申し込みはこちらから▪▪

審美歯科や顎関節症・噛み合わせ・インプラントなど高度な歯科治療で、相談しにくい方のために、初回の面談式相談に限り無料にてお受け致します。(30分以内行こう30分につき5,400円・週2名のみ)

fleximg
※大変ご好評をいただいておりまして、真剣に考えられている方へのみご利用をお願いしております。


fleximg

デンタルドックのご予約の平日最終受付は18時30分となっております。
△木曜日の夜間は診療することもございます。(連休や学会の開催などにより休診日変更あり)

※木曜日、土曜日は外科処置を控えさせていただいております。
【お詫び】 現在夜間・土曜日の診療予約がとりにくくなっておりご迷惑をおかけしています。少し余裕をもって、お申し込みいただけますようよろしくお願いいたします。(キャンセル待ちは可能です。)

このたびの大規模地震により、多くの尊い命が失われたことに謹んで哀悼の意を表します。また、被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に、皆様の安全と一日も早い復興をお祈り申し上げます。医)良口会といたしましても、今回被災された方々に向けて、以下の支援を行ってまいりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
<医)良口会からの義援金の寄付>
医)良口会が義援金として日本赤十字社を通じて被災地に寄付いたしました。
<義援金の募金活動>
受付にて募金箱を設置し、ご利用者と従業員からの善意を募ります。寄せられた義援金は、日本赤十字社に対して東北関東大震災の被災地支援活動に特定した義援金としてお届けいたします。

インプラントなら池袋同仁歯科。審美歯科・矯正歯科・顎関節症など患者様の状態に合わせ、様々な歯科治療を行う歯医者です。歯を守る唯一の歯科医療哲学がここにあります。

Return Top