東京池袋同仁歯科クリニック

痛くなく歯を生涯残す総合歯科治療を提供。かみ合わせ,審美歯科,インプラント,予防歯科

【歯磨きはいつすればいい?】

新年度。
新しい職場で新しい仲間と
ランチを食べるのも
楽しみのひとつですね。


ランチを食べたあとは
洗面所での歯磨きが習慣
という方も
多いのではないでしょうか。


私たち日本人に浸透している
「食べたらすぐ磨く」
という感覚は


今ほど虫歯予防の意識が
広まっていなかった時代の
スローガン
「3.3.3運動」に由来します。


「3.3.3運動」は


「一日に3回、食後3分以内に
3分間の歯磨きをする」


というものでした。


ところが近年
この意識が変わりつつあります。


「食後すぐの歯磨きは
避けたほうがよい」


というものです。


その理由は
食事をすることによって
唾液の分泌が促されるからです。


食べてすぐ歯を磨くと
せっかくの唾液の分泌を
おさえてしまいます。


唾液の分泌によって
私たちの口内はさまざまな
病気から守られているのです。


ですので、食後30分後くらいが
歯磨きにはちょうど良い
タイミングと言われています。


とはいえ、職場や外出先で
30分間待っているのは
むずかしいですよね。


食後に一番大事なのは
口の中に残った食べ物のかすを
取り除くことです。


時間がない人は
デンタルフロスや歯間ブラシを使って
歯と歯の間を掃除するだけでも
効果があります。


歯をケアしながら
ランチを楽しんでくださいね。

LEAVE A REPLY

*

Return Top