池袋駅前の歯医者|池袋同仁歯科クリニック

痛くなく審美とかみ合わせの高度歯科治療専門歯科

決め手は肌とのコントラスト

決め手は肌とのコントラスト

誰もが憧れる
芸能人のような
白くて美しい歯。

でもご存知ですか?

歯を美しく見せる為には
”ただ白ければいい”という
訳ではないんです。

もともと
歯というのは
透明なエナメル質
象牙質、歯髄の
3層構造で出来ています。

本来の
人の歯の色というのは
象牙質の黄褐色と
歯髄のやや赤みを帯びた色を
透かして見える色なんです。

真っ白では
ないんですね。

特に日本人の歯は
やや黄色味が
強い傾向があります。

なぜなら
エナメル質が薄く
象牙質の色みが
目立つからです。

人種によっても
歯の色や目立ち方が
異なるんですが

平均的な
日本人というのは
肌の色がやや黄味がかった
ベージュですよね。

その場合
歯だけが真っ白なのは
実は不自然なことなんです。

歯の色は
肌の色とのバランスが大切。

もし歯を
白く見せたいときは
日焼けサロンで
肌を黒くしたり

メイクで少し
日焼けがかったような
色に肌を整えるのも
一つの方法です。

とはいうものの
今の審美歯科では
歯の色や明度を
測定しながら

最も自然で
美しい歯の色に
していきます。

ぜひ肌との
バランスを考えた
ホワイトニングで

魅力的な自分に
変身を遂げましょう。

LEAVE A REPLY

*

Return Top