池袋駅1分池袋同仁歯科クリニック

創業70年

ジルコニアクラウンの功罪

約 2 分

新型コロナウィルス感染対策についてのお願い

当医院では、20年以上前より感染予防対策を徹底しておりますが、さらに来院時には全ての方に手指消毒の徹底とマスク着用、検温をお願いしております。また熱や咳が出る、味覚嗅覚障害のある場合、海外して地域から帰国された場合には地域のの保健所などに相談されて、来院はお控えくださるようご協力お願いいたします。新型コロナウイルス感染症に関する当法人の対応について」(随時更新)

池袋同仁歯科クリニックでも、

患者さんから【ジルコニア】という言葉を聞くことが最近増えてきました。

金属を使わないので、見栄えがよく、硬い材質なのでかけたりせず、

アレルギーが少ないことが評判を上げているようです。

また、歯科医院側も、金属を使わないということは
金属代が高騰してる現在、経費に優しいわけです。

このような背景で

一気に普及したジルコニアクラウン。
白い鉱物を加工して作ります。
ここまで聞くと一見万能選手に見えますが、

実は、硬いというのは、
歯や顎にとってデメリットもあります。

歯や顎にとって硬すぎるのです。

ゴールドなど金属であれば
必要以上に力がかかると摩耗してくれます。
しかし、ジルコニアは

硬いので反対の歯がかけてしまったり、顎に負担がかかってきてしまいます。

先日来院された方は、上の歯がジルコニアで、下の歯は金属でしたがその金属には穴があいていました。

このあたりを注意して治療を受けた方がいいですね。

噛み合わせは超ジャストフィットが要求されるというわけです。

大切なのは、自分の噛み合わせなど背景にあった素材選びと

妥協のない噛み合わせ調整で、

ジルコニアはかなり調整がしにくいので注意して治療を受けてください。

当医院ではジルコニアは症例を選び慎重に使用しています。

コメントはこちら

*

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE